メニュー

便潜血検査

便潜血検査とは

糞便中に含まれる微量の血液の有無を調べる検査の事で、主に大腸がんのスクリーニング検査として広く行われています。
具体的には検診などの際に便回収キットが配布され、2日間の便を1セットとして提出する方法が行われています。

便潜血陽性となった際の対応

便潜血検査を行うと、約7%の方が陽性となり、陽性の方のうち約2~3%に癌が見つかると言われており、大腸カメラ検査を行うことが推奨されています。
2~3%しか癌ではない、と思われる方もいるかもしれませんが、2~3%も癌である、と個人的には思います。
また大腸がんはなくても、大腸ポリープがみつかることも20%~30%ほどあります。大腸の場合、大腸ポリープの一種である『腺腫』が、やがて大腸がんになる可能性がある事が証明されており、大腸カメラを行えば大抵の腺腫は内視鏡手術で切除することが可能です。
大腸がんは進行すればもちろん命に係わる病気ですから、便潜血陽性を指摘されたら、絶対に大腸カメラを受ける事をお勧めいたします。

便潜血陽性で大腸カメラを行ったのに、病気を指摘されなかった場合

先ほども述べたように、便潜血陽性で大腸カメラを行い大腸がんがみつかる可能性は2~3%程度です。便潜血反応は痔核による微量な出血なども検出するため、大腸カメラを行い所見が何もなければ基本的には心配する必要はありません。

大腸カメラ検査は、①下剤内服の苦痛、②カメラ挿入時の疼痛 などのため、受ける事をためらう方がたくさんいる処置です。
しかし、大腸カメラを行う事で少しでも早期に大腸がんを発見できる可能性があり、また大腸がんの発生墓地となる大腸ポリープを摘出することもできます。
大腸カメラを行うことの不安や苦痛を取り除き、適切な検査・治療を行う事が内視鏡医の使命と考えております。
便潜血陽性が指摘されましたら、まず相談だけでも結構ですので、医療機関を受診頂けますと幸いです。
どの自費負担となります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME