メニュー

クリニック紹介

  1. クリニック紹介
  2. ご挨拶
  3. クリニックの特徴
  4. クリニック内の写真
  5. 診療内容

クリニック紹介

当院は東京のシンボルとも言うべき『浅草』で1997年に開業し、以降地域の皆様に支えていただき少しずつ歩んでまいりました。風邪の治療や高血圧などの生活習慣病のコントロール、また高齢化が進む浅草で欠かすことのできない高齢者医療など、多くの分野に取り組んでおります。

様々な医療が進化する現在でも、我々の命を脅かし続けているのが癌などの悪性腫瘍であり、胃癌や大腸癌を中心とした消化器癌はその代表的な領域です。この度当院では消化器癌の早期発見に貢献するための内視鏡検査を導入することとなり、それに伴いクリニックをリニューアルオープンすることとなりました。

決して広いクリニックではございませんが、少しでも皆さまにリラックスして頂けるよう心掛けたつもりでございます。リニューアルオープンに伴い至らない点もあるかと存じますが、これまでと同様皆さまのご協力を得ながら、少しずつ成長していければと考えております。
何卒よろしくお願い致します。

ご挨拶

院長挨拶

このたび長らく地域の皆様にお世話になりました浅草の『飯田クリニック』が、院長の交代に伴い『かわぐち内科・内視鏡クリニック』としてリニューアルオープンいたします。
新クリニックの院長となります、前院長の長男 川口佑輔 です。
私は現在まで大学病院やその関連病院にて、素晴らしい先輩方・同僚に恵まれ、多くの経験・知識を得て来ました。消化器内科の中でも特に専門としているのは、昨今注目度が上昇している肝臓や胆管・膵臓領域であり、通常クリニックではなかなか手が届かない領域の診療もご提供できると考えております。
早期胃癌や早期大腸癌の先進的な内視鏡治療(内視鏡的粘膜下層剥離術:ESDなど)にも携わっていたため、苦痛の少ない胃カメラ、大腸カメラを提供し、適切な治療に結び付ける事ができます。
また前職の永寿総合病院にて内科外来にも従事させていただき、内科全般の知識を深めてまいりました。生活習慣病や風邪、コロナ診療など、地域の皆様のお役に少しでもたてればと考えております。
まだまだ至らぬ点もあるかと思いますが、私自身もクリニックとともに成長していきたいと思います。
引き続き末永く、よろしくお願いいたします。

院長 川口 佑輔

略歴
1992年4月 浅草小学校入学
2004年4月 北里大学医学部入学
2010年3月 北里大学医学部卒業
2010年4月 北里大学病院 初期研修
2012年4月 北里大学医学部 消化器内科入局
2013年4月 伊勢原共同病院 消化器内科(出向)
2014年4月 北里大学医学部 消化器内科病棟医
2016年4月 北里大学メディカルセンター 消化器内科勤務
2019年3月 医学博士取得
2020年4月 永寿総合病院 消化器内科勤務
所属学会
  • 日本内科学会 認定医
  • 日本消化器内視鏡学会 専門医
  • 日本肝臓学会 専門医
  • 日本消化器病学会
  • 日本胆道学会
  • 医学博士

自己紹介

好きな言葉 『高ければ高い壁の方が上った時気持ちいいもんな』
Mr children 終わりなき旅より
趣味 ゴルフ
サッカー:小学生から大学までサッカー部所属、ポジションはゴールキーパー
旅行:夏の沖縄旅行 キャンプ・フェス
好きなもの 寿司
甘いもの:特にアイス、果物
嫌いなもの ゴキブリ
理不尽な物事
自分の性格 真面目
休日の過ごし方 家族と公園でのんびり 後少し仕事
好きな歌手 ONE OK ROCK
BUMP OF CHICKEN
好きな映画 サマーウォーズ

前院長挨拶

1997年父の飯田眼科医院を継承し飯田クリニックとして内科診療を開始、皆さまに支えながら暖かく頼りになるクリニックを目指して診療を続けて参りましたが、長男佑輔から継承の話があり内視鏡もできるクリニックとして再出発することにいたしました。
長男ともども、今までにも増して来てよかったと思える診療所を目指してまいりたいと思います。
何卒よろしくお願いいたします。

川口 信子

略歴
1949年(昭和24年) 浅草の現クリニックの場所で出生
1956年(昭和31年) 浅草小学校入学
1969年(昭和44年) 日本医科大学医学部入学
1975年(昭和50年) 日本医科大学医学部卒業
1975年(昭和50年) 日本医科大学循環器内科入局
1985年(昭和60年) 榊原記念クリニック外来勤務
1997年(平成 9年) 飯田クリニック(内科医院)開業 
1975年(昭和60年) 医学博士取得
所属学会
  • 日本内科学会  認定医
  • 日本循環器学会 専門医

クリニックの特徴

➀浅草に根付いたクリニック

祖父の代から続く地域に根付い浅草の診療所として歩んで参りました。軽微な症状でも気兼ねなく受診できるクリニックであり続けます。

苦痛の少ない内視鏡検査

鎮静薬を用いて苦痛を取り除いても、内視鏡の技術がなければ意味がありません。当院では経験豊富な内視鏡専門医による苦痛の少ない内視鏡検査をご提供いたします。

③生活習慣病に対する治療

高血圧脂質異常症(高脂血症)、糖尿病などの生活習慣病は、ほとんどの場合症状がありません。しかし、放置することにより、脳梗塞や心筋梗塞など致死的な合併症が生じます。

当院では『生活習慣病をコントロールすることが患者さんの未来を明るくする』との理念で、積極的に生活習慣病の治療を行っています。

超音波技師との連携

当院では超音波検査技師さんと提携し、ほとんどの分野の超音波を高いレベルで実施できるよう、体制を整えております。

⑤区の総合健康診断

区の総合健診事業にも力を入れており、毎年多くの患者さんが受診されています。1年に1度、区の健康診断のみ受診される方もたくさんいらっしゃいます。無料で検査できる貴重な機会ですので、是非ご気軽にご相談下さい。

 

クリニック内の写真

play_arrowクリニックの写真をもっと見る

診療内容

一般内科

当院では高血圧や糖尿病、高脂血症などの生活習慣病のコントロールを行う他、いわゆる風邪症状の治療なども含め幅広く診療いたします。
単なる風邪と思っても、影に重篤な疾患が隠れていることもありますので、何か気になる症状がある時にはお気軽にご相談下さい。

内視鏡

2020年癌罹患数予測では、大腸癌が1位、胃癌が2位となっており、悪性腫瘍の中で最も多い領域となっています。
当院ではリニューアルオープンに伴い胃カメラを導入することとなりました。鎮静剤や静脈麻酔薬を用いて、苦痛の少ない検査を実施しています。またカメラはOLYMPUS社の最新の経鼻内視鏡スコープを導入し、一番の目的である『癌を発見する』をより追及する環境を整えました。
苦痛の少ない胃カメラをご希望の患者さんは一度当院を受診下さい
※なお大腸カメラに関しましても現在準備中でございます。

消化器内科

腹痛や胸やけ、嘔気・嘔吐、下痢など、消化器症状は内科的症状の中でも非常に多くを占める分野です。
当院では消化器内科専門医の視点で、内視鏡や超音波、レントゲンを用いて症状の原因を適切に診断し、治療につなげる事ができます
また現在はストレス社会でもあり、機能性ディスペプシアや過敏性腸症候群といった慢性的な消化器症状を有する患者さんも増えています。
適切な処方を行えば症状の緩和が図れること事がありますので、胸やけや胃痛、腹痛、下痢などの症状が持続する方は是非お気軽にご相談下さい。

循環器内科

当院では内科一般の病気を幅広く診療していますが、特に循環器内科を専門にしています。循環器内科は心臓や血管の病気、例えば狭心症や心筋梗塞、不整脈、心臓弁膜症、心筋症、心不全などの心臓に関わる病気や大動脈、肺動脈、末梢動脈などの血管に関わる疾患が含まれます。これらの疾患は
高血圧・糖尿病・高脂血症・メタボリック症候群など生活習慣病と深く関わっています。それらの診断治療を行うことにより病気の早期発見や予防にも力を入れています。
胸が痛む、締めつけられる、重苦しい、息苦しい、突然脈が速くなったり遅くなったりする、足がむくむ、などの症状のある方は心臓病・血管病の初期症状の可能性も考えられます。気になることがありましたらぜひ気軽にご相談ください。

睡眠時無呼吸症候群の治療

日中に強い眠気を感じる患者さんはいらっしゃいませんか?その症状の原因の一つとして睡眠時無呼吸症候群があります。
当院では帝人と提携し、適切な診断、治療をご提供できます。患者さんの症状を大幅に改善できる可能性がございますので、お気軽にご相談下さい。

花粉症の舌下免疫療法

東京都民のスギ花粉症有病率は48.8%と推定されています。くしゃみ・鼻水が止まらない、夜も眠れないなど、生活の質を著しく害している患者さんもいらっしゃると思います。
スギ花粉症の治療薬として、舌下免疫療法をご存じでしょうか?効果が出ればスギ花粉飛散期の症状軽減が図れます。
花粉症でお悩みの患者さんは是非一度ご相談下さい。

健康診断・予防接種

台東区が実施する総合健康診査は当院でも行っており、毎年多くの患者様に受診頂いています。2021年度からは胃カメラによる胃癌検診の導入を調整しております。
またインフルエンザを始めとしたとした予防接種も行っております
詳しくは当院にお問い合わせください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME