メニュー

胸やけ

胃酸が上がってくるような感じや胸が焼ける感じ、ヒリヒリ、ジリジリする感じや痛みが胸に違和感として現れる状態を胸焼けと言います。
胸やけと一言で言っても患者様により表現は異なり、『胸がつかえる感じ』『胃酸が逆流して胸が焼ける感じ』『胸が痛い』『口の中まで酸っぱい液体が上がってくる』など様々です。
胸やけ症状の大部分は胃酸の食道への逆流が原因となりますが、他にも様々な疾患が原因となる可能性があります。

胸やけを生じる疾患

逆流性食道炎

胸やけ症状の原因第一位です。胃酸の食道への逆流が逆流性食道炎を引き起こします。

逆流性食道炎

胃・十二指腸潰瘍

腹痛症状がメインですが、『胸が痛い』や『胸が焼ける』という症状を訴える患者様も多くいらっしゃいます。

機能性ディスペプシア

胃カメラにて他の病気がないにも関わらず、胸やけ症状が持続する患者様です。

機能性ディスペプシア

食道アカラシア

下部食道括約筋(かつやくきん)(胃に近い部分の食道の筋肉)が十分に開かなくなり、食物の通過障害や食道の拡張がおこり、胸やけが生じます。

胃がん・食道がん

悪性腫瘍により消化管の蠕動障害(食物を肛門側へ送ろうとする腸管の運動)が生じたり、消化管の狭窄により食事が通過しなくなると胸やけを生じ得ます。

胃がん

食道がん

虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)

稀に胸やけや腹痛を主訴として来院し、念のため心電図を取ると狭心症、心筋梗塞であった症例を経験します。

診断

問診、診察

症状の経過を伺い、胃カメラまで必要か判断します。
一度胃カメラ検査は推奨しますが、希望がない方もたくさんいらっしゃいます。
その際には、一度確率の高い疾患(逆流性食道炎や機能性ディスペプシア)に使う薬から始め、症状の改善に乏しい場合には胃カメラを改めて検討しましょう、とお話しています。

胃カメラ

胸やけ症状が初めてみられた患者様、胃カメラ検査を行ったことがない患者様は一度行う事を推奨いたします。
逆流性食道炎が見つかれば原因がはっきりしますし、その他悪性腫瘍がないことが確認できれば患者様の安心にもつながります。

治療

疾患により治療は異なります。
詳しくは各疾患のページをご確認下さい。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME