メニュー

永寿病院での診療を終えて

[2022.05.03]

少し遅れてしまいましたが、2022年3月31日をもって、永寿病院を退職致しました。

2020年4月に永寿病院に赴任しましたが、早々にCOVID19の影響を受け、本格的に診療を開始するのは6月頃になってしまいました。当初は自分の強みをなかなか上手く発揮できず、悩んだ日々を思い出します。

徐々に環境にも慣れ、自分の強みである超音波内視鏡とその関連手技の導入なども行う事ができました。

早期の喉頭がん治療や、胃粘膜下腫瘍の治療の際には、外科の先生方と共にOpe室での内視鏡治療も導入致しました。合計4件のOpe室内視鏡治療を行い、最終処置の際に記念写真を撮って頂きました。非常によく撮って下さっていたので、写真を添付させていただきます。

また内科外来の診療にも携わらせて頂き、自分の専門分野以外の一般的な疾患の診療も今一度復習することができました。

この2年間の経験は、今後のクリニックでの診療に必ず生きてくるものと思います。

この貴重な2年間の経験を与えて下さった永寿病院に感謝するとともに、今後は地域の患者様の診療を行うことで少しでも恩返しができればと考えます。

携わって頂いた先生方、コメディカルスタッフの皆様、通院して頂いた患者様、誠にありがとうございました。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME