メニュー

ご挨拶

院長挨拶

飯田クリニックの院長川口信子です。
1997年(平成9年)父の眼科医院を継承し、内科クリニックを開院、生まれ育ったこの地域でかかりつけ医として、何でも相談できる親切な診療所を目指して診療を続けてまいりました。

この度、消化器内科医の長男佑輔が診療を手伝ってくれることになり、内視鏡のできる診療所として建て替えを致しました。
1階は今まで通り内科診療、2階は内視鏡室になります。
医療機器もレントゲン装置、心電図、24時間記録心電図、超音波装置などすべて最新の機器を導入、より精度の高い検査が可能になりました。そして最新の内視鏡も導入、経鼻内視鏡、麻酔による経口内視鏡、いずれ大腸内視鏡も可能になります。

長男ともども、今までにも増して来てよかったと思える診療所を目指してまいりたいと思います。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

院長 川口 信子

略歴

1949年(昭和24年) 浅草の現クリニックの場所で出生
1956年(昭和31年) 浅草小学校入学
1969年(昭和44年) 日本医科大学医学部入学
1975年(昭和50年) 日本医科大学医学部卒業
1975年(昭和50年) 日本医科大学循環器内科入局
1985年(昭和60年) 榊原記念クリニック外来勤務
1997年(平成 9年) 飯田クリニック(内科医院)開業 
1975年(昭和60年) 医学博士取得

所属学会

  • 日本内科学会  認定医
  • 日本循環器学会 専門医

医師紹介

この度の飯田クリニック リニューアルオープンに伴い、週に2回ほど診療のお手伝いをすることとなりました、院長(川口信子)の長男 川口佑輔と申します。

私は現在まで大学病院やその関連病院にて、素晴らしい先輩方・同僚に恵まれ、多くの経験・知識を得て来ました。消化器内科の中でも特に専門としているのは、昨今注目度が上昇している胆管や膵臓領域であり、今年度から勤務している永寿総合病院では現在までに得た知識を地域の患者様に還元出来るよう精進しております。
胆管・膵臓以外にも早期胃癌や早期大腸癌の内視鏡治療に携わっていたため、苦痛の少ない胃カメラ、大腸カメラを提供できると考えております。飯田クリニックのリニューアルオープン後、まずは胃カメラから導入する予定です。また大腸カメラも早期に導入出来るよう調整中です。

母の様に地域の皆様に貢献出来るよう、精一杯努力して参りますので宜しくお願い致します!

川口 佑輔

略歴

1992年4月 浅草小学校入学
2004年4月 北里大学医学部入学
2010年3月 北里大学医学部卒業
2010年4月 北里大学病院 初期研修
2012年4月 北里大学医学部 消化器内科入局
2013年4月 伊勢原共同病院 消化器内科(出向)
2014年4月 北里大学医学部 消化器内科病棟医
2016年4月 北里大学メディカルセンター 消化器内科勤務
2019年3月 医学博士取得
2020年4月 永寿総合病院 消化器内科勤務

所属学会

  • 日本内科学会 認定医
  • 日本消化器内視鏡学会 専門医
  • 日本肝臓学会 専門医
  • 日本消化器病学会
  • 日本胆道学会
  • 医学博士
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME